×

ラグビー女子日本代表・南早紀主将「勝ちきるチームになりたい」 5・1にフィジーとテストマッチ

[ 2022年4月27日 14:34 ]

オンライン取材に応じたラグビー女子日本代表の南早紀主将
Photo By スポニチ

 オーストラリア遠征中のラグビー女子15人制日本代表サクラフィフティーンは、5月1日にフィジー代表とテストマッチ(クイーンズランド州ゴールドコースト)を戦う。27日には、通算19キャップのプロップ南早紀主将(26=横河武蔵野)がオンラインで取材対応し、今秋に開催されるワールドカップ(W杯)への意気込みなどを語った。

 女子日本代表は18日からオーストラリア遠征を行っており、期間中はテストマッチなど計3試合の実戦を予定している。南主将は注力していることに「具体的にはワークレート」を挙げ、「相手より動き続ける。そこのクオリティを上げることにフォーカスして取り組んでいる」と語った。

 フィジー代表とは、16年12月にW杯アジア予選で対戦しており、55―0で勝利。だが、南主将は「個々の力が強くて、そこで勝負してくる印象を受けている。決して油断できる相手ではない」と警戒を口にした。

 今秋のW杯に向けて、貴重な強化の場でもある。チームをけん引する主将は「何がなんでも勝って、試合で勝ちきるチームになりたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年4月27日のニュース