×

照ノ富士2敗…冷静さ欠いた、土俵際で明生の肩透かしに屈す 取組後は言葉残さず

[ 2022年1月21日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2022年1月20日    両国国技館 )

肩透かしで明生(右)に敗れ、悔しそうな表情の照ノ富士(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 攻め込んだ土俵際に落とし穴が待っていた。照ノ富士は左でさがりをつかみ、右でおっつけながら体を寄せたものの、明生の肩透かしに屈した。1敗で並んでいた御嶽海が敗れ、勝てば単独トップに立てる状況で結びに臨んだが、不覚を取った。取組後は言葉を残さず国技館から引き揚げた。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は「照ノ富士は流れから出るしかなかった。落ち着けなかった」と話し、冷静さの欠如が敗因と指摘した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月21日のニュース