×

【玉ノ井親方 視点】2敗の宝富士は優勝争いのキーマンになる可能性がある 派手さはないが重さがある

[ 2022年1月18日 19:25 ]

<初場所10日目>一山本(左)を攻め押し出しで下す宝富士(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 全勝の御嶽海に土が付いたことで、2敗を守った宝富士がその差を一つ縮めた。

 一山本戦は左差しを狙いながら前に出て、相手が引いたところを一気に押し切った。宝富士の持ち味は、左を差して前に出る形。相手は左を差されたくないため突き放そうとするが、押し返せずにしびれを切らして脇を空けてしまうと、左を入れられ、宝富士のペースに持っていかれる。派手さはないが、重さがあるので簡単に押し切れない。

 34歳のベテラン。普通は年齢を重ねると、体のどこかに緩みが出てくる。しかし、彼は若い頃と変わらずパンパンに張った体をしている。それだけ普段から、しこやてっぽうなどの基礎運動をしっかりとやっている証拠だろう。今場所は特に、体づくりと体調管理がうまくできたのではないか。

 西7枚目だが、今後の展開次第では御嶽海と当たる可能性も十分ある。そうなれば、兄弟弟子の照ノ富士を援護射撃できる立場になり、賜杯の行方を左右するキーマンになりそうだ。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月18日のニュース