×

全豪欠場のジョコ、全仏もピンチ 仏議会がワクチン証明書携帯を義務づけ

[ 2022年1月18日 05:30 ]

ジョコビッチ(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスワクチン未接種を巡ってオーストラリアから国外退去となり、全豪オープンを欠場した男子世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、全仏オープン(5月22日開幕)にも出場できない可能性が浮上した。

 フランス議会は16日、スポーツ会場を含む公共場所の利用にはワクチン接種証明書の携帯を義務づける新たな法律を承認。同国スポーツ省も17日、「ワクチンパスの規定は全ての大会参加者に適用される」とした。16日夜にメルボルンを出発したジョコビッチは17日、経由地ドバイでベオグラード行きの航空機に乗り換え帰国した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月18日のニュース