北京五輪の延期検討求める声 スイス選手団長「公平性保証するのが最優先事項」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

北京冬季五輪の開会式が行われる国家体育場(左)。右はカーリング会場の国家水泳センター
Photo By 共同

 開幕まで1カ月を切った北京冬季五輪を巡り、強豪スイスのシュテクリ選手団長が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染拡大を理由に、延期検討の余地を残すべきだとの考えを示した。5日、公共放送局のスイス放送協会が報じた。「毎日のように選手の感染が報告され(五輪)予選に出場できない人もいる。スポーツの公平性を保証するのが最優先事項だ」と指摘。冬季競技で有力な欧州のトップ選手が参加できなくなることを懸念し「厳しい状況だ」と述べた。

 国際オリンピック委員会(IOC)と各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)が近く会合を開くとし「延期を検討する可能性は残すべきだ」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月6日のニュース