最終予選会 横峯73と伸ばせず「明日はアンダーがマストだと思います」

[ 2021年12月2日 15:10 ]

横峯さくら
Photo By スポニチ

 国内女子ゴルフツアーの来季の出場権を懸けた最終予選会は2日、静岡・葛城GC宇刈C(6412ヤード、パー72)で96人が出場し、第3日が行われた。35位で出た横峯さくら(35=エプソン)は73で回り通算3オーバーでホールアウトした。

 「ボギースタートで流れをつくれなかった」と前半で2つ落とすが、後半は得意のパー5で2つ取り戻した。10番で第3打を4~5メートルにつけ、17番では残り45ヤードから「1歩」(横峯)に寄せてバーディーを奪った。

 「今日はしっかり回らなければ厳しい中で、オーバーになってしまった。パットはラインに乗っていたのですが、打ち切れなかった」と振り返った。

 最終予選会は例年、35位前後が来季の前半戦の出場資格を得られるボーダーラインとなっている。最終日は天気も悪くなく、スコアの伸ばし合いとなる見通しだけに「明日アンダーで回れば通るはずなので頑張ります」と意気込んだ。
  

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月2日のニュース