×

ウッズが復活意欲 目標は“ゴルフの聖地”全英OP、事故後初の公の場

[ 2021年12月2日 05:30 ]

2月の交通事故以来、初めて公の場に姿を現したタイガー・ウッズ(AP)
Photo By AP

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(45=米国)は30日、2月の交通事故以来、初めて公の場に姿を現した。

 バハマで開催されたヒーロー・ワールドチャレンジの記者会見に、松葉づえを使わずに登場。「(来年の全英オープンが開催される)セントアンドリュースは世界で一番好きなコース。もちろんプレーしたい」と“ゴルフの聖地”での復活に意欲を示した。ただ、重傷を負った右脚は切断の可能性もあったことを明かし、「生きていて、足があるのはとても幸運だ」と語った。ツアー復帰については、「道のりはまだまだ長い」と慎重な姿勢を崩さなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月2日のニュース