×

藤田 賞金王シード23季連続で途切れる「悔しいし、情けない思いはありますけど…」

[ 2021年11月27日 05:30 ]

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン第2日 ( 2021年11月26日    高知県 Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72 )

賞金シード落ちとなった藤田寛之はスコアを記入する(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 85位から出た賞金ランク70位の藤田は73とスコアを落とし、通算2オーバーの99位で予選落ち。97年から守り続けてきた賞金シードが23季連続で途切れた。

 52歳の元賞金王は「賞金シードはツアープロの勲章。悔しいし、情けない思いはありますけどよく頑張ったとも思います」としんみり。2週後のツアー予選会には行かず、生涯獲得賞金25位以内の資格で来季もレギュラーツアーに出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月27日のニュース