アイスダンス 村元・高橋組と小松原組の北京五輪1枠争いは全日本選手権で決着

[ 2021年11月22日 05:30 ]

アイスダンスフリー、演技をする村元哉中・高橋大輔組(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 北京五輪の日本のアイスダンスの枠は1で、全日本選手権が最終選考会となる。

 日本スケート連盟は(1)全日本選手権の最上位組(2)ISU世界ランク最上位組(3)ISU今季世界ランク最上位組(4)ISU公認の今季得点の最上位組((2)~(4)は全日本終了時)のいずれかを満たす組から総合的に選ぶ。

 ワルシャワ杯を欠場した小松原組は(2)に該当。(3)はワルシャワ杯2位により、村元・高橋組となる見込みで(4)も村元・高橋組となる。

 村元・高橋組は全日本で優勝すれば代表が決定的。小松原組が北京切符をつかむためには、村元・高橋の今季ベスト190.16点を上回る得点での優勝が求められそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月22日のニュース