東海大が今季初の完封勝ちで3連勝 ラグビー関東大学リーグ戦1部

[ 2021年10月16日 16:10 ]

ラグビー関東大学リーグ戦1部   東海大71―0専大 ( 2021年10月16日    神奈川・東海大グラウンド )

<専大・東海大>前半、モールからトライを決める東海大のフッカー土一海人(中央)はチームメートから祝福される
Photo By スポニチ

 東海大が今季初の完封勝ちで専大を下し、開幕3連勝で総勝ち点15とした。敗れた専大は3連敗。

 東海大は開始2分過ぎ、キックカウンターから一気に敵陣インゴールに迫ると、左中間のラックからボールをつないで最後はジョーンズ・リチャード剛主将(4年)が先制トライ。その4分後にはレキマ・ナサミラ(3年)が力強く突破して2トライ目。ナサミラはその後も再三力強い突破を見せて計3トライ。プレーヤー・オブ・ザ・マッチにも選ばれた。

 守ってもピンチらしいピンチを招かず、専大を完封。リーグ4連覇へ上々の内容で前半の3試合を終えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月16日のニュース