渋野に聞く もう勝てないんじゃ…「世代交代が早い。置いていかれている感があった」

[ 2021年10月11日 05:30 ]

女子ゴルフツアー スタンレー・レディース最終日 ( 2021年10月10日    静岡県 東名CC=6592ヤード、パー72 )

優勝を決め笑顔を見せる渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 2打差5位から出た渋野日向子(22=サントリー)が通算10アンダーで並んだ4人によるプレーオフを2ホール目で制し、19年11月の大王製紙エリエール・レディース以来1年11カ月ぶりのツアー通算5勝目を手にした。

 【渋野と一問一答】

 ――1年11カ月ぶりの優勝です。
 「正直、19年の自分を超えるのは難しいんじゃないかなと去年思っていて。けど、ここ最近の自分なら超えられるんじゃないかと自信を持ってきた。一打一打に向き合ってきたかいがあったかな」

 ――優勝争いの時の心境は?
 「スタート前はチャンスがあればって感じで。ラウンド中は結局その欲に負けてしまって。欲との戦いで心がごちゃごちゃしてた(笑い)」

 ――もう勝てないんじゃないかと思うことは?
 「めちゃくちゃあります。この年で言うのもなんですけど、女子ゴルフ界は世代交代が早い。置いていかれている感があった」

 ――それでもぶれなかった。
 「いつか勝てる日を夢見てスイングを試行錯誤したり、いろいろ取り組んで。ここ最近は“いつか”が“もうちょっと”じゃないかって思えていた」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月11日のニュース