世界女王シェルバコワ、ジャンプミスも高い総合力 ロシアテストスケート

[ 2021年9月12日 00:43 ]

フィギュアスケート・ロシアテストスケート第1日 ( 2021年9月11日    ロシア・チェリャビンスク )

アンナ・シェルバコワ
Photo By スポニチ

 国内のシニア強化選手らが集結し、22年北京五輪シーズンとなる今季のプログラムを披露した。女子ショートプログラム(SP)で、昨季の世界選手権女王のアンナ・シェルバコワは紫色の衣装で「The Songs of Distant Earth」を演じた。

 冒頭の2回転半、続く3回転フリップを着氷したが、後半の3回転ルッツからコンビネーションをつけられず。それでも、鋭いスピン、しなやかなステップ、表現力など総合力の高さを見せた。

 ともに2季前の19年からシニア転向したコストルナヤ、トルソワと「ロシア三人娘」と呼ばれるが、シェルバコワは一貫してエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を受ける。確かなスケーティング技術とフリーでの4回転ジャンプで、北京五輪へ向けて準備を進めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月11日のニュース