バレーボール五輪代表・西田が伊1部リーグへ オポジットでは日本人初 「どこまで行けるか挑戦」

[ 2021年8月10日 05:30 ]

 イタリア1部リーグのビーボバレンティアへの移籍が決まり、ポーズをとるバレーボール男子の西田有志=9日、愛知県刈谷市(ジェイテクト提供)
Photo By 提供写真

 東京五輪バレーボール男子日本代表で29年ぶりの準々決勝進出に貢献したオポジット(セッター対角)の西田有志(21)が9日、愛知県刈谷市で会見し、21~22年シーズンはイタリア1部リーグのビーボバレンティアでプレーすることを明らかにした。

 「世界に対する技、フィジカルがどう変化するかを確かめたい。自分がどこまで行けるかという挑戦」と意気込みを述べた。攻撃専門のオポジットで同リーグ入りするのは日本人で初めて。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月10日のニュース