男子110メートル障害で村竹ラシッドが4人目の参加標準突破「感覚以上に良い結果」決勝は激戦必至

[ 2021年6月26日 17:26 ]

陸上・日本選手権第2日 ( 2021年6月26日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

<陸上日本選手権>男子110メートル障害予選 2組1着で決勝進出を決めてVサインの竹村ラシッド(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表選考を兼ねて行われ、男子110メートル障害の予選2組で村竹ラシッド(順大)が13秒28をマークし、五輪参加標準記録(13秒32)を突破。同組で13秒25の自己記録を持つ高山峻野(ゼンリン)に先着した。これで3位以内で五輪代表が決まる標準記録突破者は13秒16の日本記録を持つ金井大旺(ミズノ)、高山、13秒30の泉谷駿介(順大)の4人で、決勝は激戦必至となった。

 村竹は「とりあえず標準を予選で切るつもりで臨んだので切れてホッとしている。感覚以上に良い結果が出せた」と満足げ。同じ大学の先輩の泉谷の記録もあっさりと超え、「まだちょっと一緒に走っていないので実感があまりないですけど、決勝はあわよくば勝てたら」と意欲を見せた。

 3組1着の泉谷は「村竹がやってくれてモチベーションが上がった」と後輩の活躍に刺激を受けた様子。1組2着で順当に予選を通過した金井も「周りは拮抗している。刺激をもらって試合に向けて気持ちも体も上がっているので、自分の走りに集中したい」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月26日のニュース