田中希実が「3冠」の望み捨てず 2種目目800Mで決勝へ、最終日は5000Mも

[ 2021年6月26日 14:00 ]

陸上日本選手権 ( 2021年6月26日    ヤンマースタジアム長居 )

田中希実
Photo By スポニチ

 5000メートルで東京五輪代表を決めている田中希実(21=豊田自動織機TC)が女子800メートルに出場し、2分7秒23で予選2組を1着で突破した。1周目は最後方で走り、ラストの2周目でペースを上げるいつもの戦法でトップ通過をした。

 「着順を考えながらでした。きつかったんですけど、去年よりは余裕を持って走れたのは良かった」

 前日に1500メートル決勝で優勝。この種目でも東京五輪代表を濃厚にした。終始レースを引っ張った激走から24時間も経たないうちに、この日の800メートル予選に出場した。

 最終日26日は、午後4時15分から女子800メートル決勝、35分後の午後4時50分に5000メートル決勝が控える。あまりに過酷なスケジュールに向けて、「5000メートルまで走れるのが理想だが、体の状態が一番なので、800メートルのゴール後、トータルで考えて5000メートルを決めたい」と、3種目全てに出る可能性を残した。ひとまず、昨年4位の800メートルでリベンジを果たす。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月26日のニュース