全仏OP 男子シングルス、チチパスが2年連続4強

[ 2021年6月10日 05:30 ]

2年連続で4強に進出したチチパス(AP)
Photo By AP

 テニスの全仏オープン第10日が8日にパリ・ローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝で第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が勝利して2年連続で準決勝に進むと第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)も初のベスト4入りを果たした。女子シングルス準々決勝では第31シードのアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)が勝ち、4大大会で初めて4強に進出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月10日のニュース