豊響 引退会見「幕下に落ちてから思うような相撲取れず気力なくなった」

[ 2021年6月10日 05:30 ]

師匠の境川親方(左)と会見する元豊響
Photo By 代表撮影

 7日に現役を引退し年寄「山科」を襲名した大相撲の元幕内・豊響(36)=本名・門元隆太、境川部屋=が9日、オンラインで会見し、「幕下に落ちてからはなかなか思うような相撲が取れず気力がなくなった」と引退の経緯を明かした。

 強烈なぶちかましからの押しが「猛牛」の異名を取った琴桜をほうふつさせ「平成の猛牛」と呼ばれた。同席した師匠の境川親方(元小結・両国)からも「今度は“令和の猛牛”を育ててほしい」とエールを送られ「気持ちの強い力士を土俵に上げたい」と指導者としての抱負を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月10日のニュース