体操男子主将に決定した内村 睡眠は「絶対に8時間」

[ 2021年6月10日 05:30 ]

エアウィーヴとのスポンサー契約を締結し、寝心地を確かめる内村(撮影・高橋 雄二)
Photo By スポニチ

 体操男子の種目別鉄棒で東京五輪代表を決めた内村航平(32=ジョイカル)が寝具メーカー「エアウィーヴ」とスポンサー契約を結び、9日に都内で契約締結調印式に出席した。日々、過酷な練習を積む内村は、睡眠での回復を重要視。「一日の疲れをそこ(睡眠)で取らないと、疲れを持ち越してしまう。絶対に8時間寝るようにしている」

 体操ニッポンで史上2人目となる五輪4大会連続出場。「冷静に五輪に向けてまた頑張ろうという、凄く普通の心境」。この日の日本協会理事会では、内村が体操男子の主将を務めることが決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月10日のニュース