稲見「五輪がゴールではない。一年間しっかり戦い抜くのが大事」 し烈な代表争い現在2位

[ 2021年6月10日 05:30 ]

練習ラウンドで笑顔を見せる稲見萌寧(撮影・井垣 忠夫) 
Photo By スポニチ

 日本の東京五輪ランク2位の稲見は前週のヨネックス・レディースを欠場して休養。同3位の古江とのポイント差がわずかだが「オリンピックがゴールではないので。この一年間しっかり戦い抜くのが大事」と五輪後も見据えて態勢を立て直してきた。

 全米女子オープンを史上最年少で制した笹生についても「凄いなあって思いました。でもそれだけ。私は日本で頑張りたい方なんで」と淡々。大目標の永久シード(30勝)を目指して勝ち星を積み重ねていく。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月10日のニュース