東京五輪組織委 コロナ対策「専門家ラウンドテーブル」第1回会合

[ 2021年5月1日 05:30 ]

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、大会での新型コロナウイルス対策実行へ助言を得る「専門家ラウンドテーブル」の第1回会合を開いた。

 対策はワクチン接種を前提としていないが、国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長は「リスクを下げるのは分かっている。接種が望ましいが、供給が行き届いていない」とリスク管理の手法の一つと指摘。大会参加者の行動規範「プレーブック」をワクチン接種者にも適用するかは6月の最終第3版発行までに議論を進めるという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月1日のニュース