豪 五輪最終予選に選手団派遣せず 飛び込みW杯、緊急事態宣言を受け

[ 2021年4月24日 05:30 ]

東京アクアティクスセンター
Photo By スポニチ

 飛び込みのオーストラリア連盟は23日、東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねて5月1~6日に東京アクアティクスセンターで行われるW杯に選手団を派遣しないと発表した。新型コロナウイルスの流行が収まらず、東京都に緊急事態宣言が再発令される状況を踏まえ「派遣が安全でないことが明確となった」とした。派遣予定だった選手12人、役員14人に対するワクチン接種が間に合わないことも理由とした。

 五輪本番に関しては、ワクチン接種を済ませられる予定で「安全な大会になると確信している」と言及。W杯で争う出場枠について今後、国際水泳連盟と交渉する方針。国際水連が掲げる「安全で公平な五輪予選」をこの時期に開催することは「現状では、不可能だと考えている」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月24日のニュース