松田 Vから一夜明け、マラソン日本新に「挑戦し続けることに意味」

[ 2021年3月16日 05:30 ]

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田
Photo By 代表撮影

 14日に行われた名古屋ウィメンズマラソンで初優勝した東京五輪代表補欠の松田瑞生(25=ダイハツ)がレースから一夜明けた15日、名古屋市内で記者会見した。強風の悪条件で日本記録更新は次戦に持ち越しとなったが「(記録に)挑戦し続けることに意味があるし、挑戦し続けたい」と意欲を見せた。

 レース後には祝福のメールが200通以上届いたという。2月のびわ湖毎日マラソンで日本新記録を樹立した友人の鈴木健吾(25=富士通)からも届き、「(鈴木は)俺ももっと頑張ろうと思ったと褒めてくれた。切磋琢磨(せっさたくま)して頑張りたい」と日本記録保持者の激励に闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月16日のニュース