×

【羽生結弦と世界選手権(1)12年】伝説のニース、初出場17歳で銅メダル

[ 2021年3月14日 08:00 ]

<羽生結弦と世界選手権><2012ニース男子フリー>演技終盤、雄叫びを上げる羽生結弦=フランス・ニース(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。新型コロナウイルスの影響で無観客に加え、選手や関係者の安全確保のために外部との接触を断つ「バブル」方式で開催。22年北京五輪の国別出場枠も懸かる大舞台を前に、羽生結弦(26=ANA)の過去の世界選手権を振り返る。

 【12年フランス・ニース】

 初出場の17歳が、銀盤に鮮烈な印象を残した。

 「悲愴」に乗ったショートプログラム(SP)はトーループの4―2回転、トリプルアクセルを決めたものの、最後のルッツが1回転となり77・07点で7位発進。翌日のフリー「ロミオとジュリエット」で、世界は羽生の黄金のポテンシャルを知る。

 冒頭の4回転トーループから順調にジャンプを決めていったが、中盤のステップで転倒。「こけて休めたと前向きに考えた」。立て直してジャンプを決めると、会場のボルテージが上がっていく。終盤のコレオステップに入る前、降り注ぐ歓声の中で羽生は確かに叫んだ。

 全力で舞ってフィニッシュすると右腕を振り下ろし、そして天へ突き上げた。フリー173・99点、合計251・06点はともに自己ベスト。逆襲の銅メダルは、日本男子最年少の表彰台。「やりました、頑張りました」と涙がまじる殊勲の汗をぬぐった。

 前年の11年3月11日、地元、宮城県仙台市のアイスリンク仙台で練習中に東日本大震災が発生。スケート靴をはいたまま、膝をついてリンクから逃げた。以降、各地を転々としながら多くのアイスショーに出演。懸命に技術と表現を磨いてきた。

 様々な困難を乗り越えて立った、世界の舞台。「被災地から出場した選手として、勇気を与えようとかそういう思いで滑っていたのが、逆に自分が皆さんに支えられていて。それをやっと、受け止め切れたのかな」。輝くメダルとともに、胸に大切なものが刻まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月14日のニュース