貴景勝ら所属「常盤山部屋」2月に板橋区へ移転 綱獲り失敗&休場…心機一転の再出発

[ 2021年1月20日 06:00 ]

大関・貴景勝
Photo By スポニチ

 貴景勝らが所属する常盤山部屋が2月に拠点を移すことが19日、関係者の話で明らかになった。現在の東京都台東区橋場から、近隣に大学施設などがある板橋区前野町に移るという。新拠点は地下1階、地上3階の建物で、1階が稽古場になる予定。場所後には土俵づくりなどの作業が始まり、順調に進めば2月中旬には引っ越しが完了する見込み。次の春場所までに新たな稽古場で汗を流すことになる。

 貴景勝は旧貴乃花部屋に入門したが、同部屋消滅により千賀ノ浦部屋に移籍した。千賀ノ浦部屋は先場所後に常盤山部屋に名称が変更された。常盤山部屋力士として初めて臨んだ土俵で、初の綱獲り挑戦は失敗に終わったが、今度は心機一転、新たな拠点から再出発する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月20日のニュース