羽生結弦26歳に 理想の未来信じて

[ 2020年12月7日 00:00 ]

2020年12月7日、26歳の誕生日を迎えた羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌と五輪連覇の羽生結弦(ANA)が12月7日、26歳の誕生日を迎えた。

 25歳の1年間はオンアイス、オフアイスで様々なことがあった。2月には四大陸選手権(韓国)を初めて制し、男子では初となるジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する“スーパースラム”を達成。その後、世界は新型コロナウイルスの猛威にさらされ、3月の世界選手権(カナダ)は中止となった。

 7月には国際スケート連盟(ISU)が新設した表彰式「ISUスケーティング・アワード」が行われ、「最優秀選手賞」を受賞。「これからも一生懸命、自分の理想のスケートを追い求めて頑張っていきます。より強く、よりうまくなりたい」とコメントしていた。

 8月には今季のグランプリ(GP)シリーズの欠場を発表。新型コロナ感染への懸念に加え、「このコロナ禍の中、私が動くことによって、多くの人が移動し集まる可能性があり、その結果として感染リスクが高まる可能性もあります」と周囲への配慮も決断の理由に挙げていた。

 9月、早大の人間科学部通信教育課程を卒業。8月に日本テレビ系「24時間テレビ」にリモート収録で出演した際、コロナ禍での自粛期間に卒業論文を完成させたことを報告していた。自身のトリプルアクセルをデジタル化し、将来的な選手の技術向上やAI採点など競技発展に役立つことを目指し、「フィギュアスケートにおいてモーションキャプチャー技術がどれだけ使えるか、どういう展望があるか」という内容だったと語っている。

 コロナの収束が見通せないまま季節は巡り、羽生は1つ年を重ねた。12月16日には東日本大震災についてあらためて考え、防災への意識を高める機会とするための展覧会「羽生結弦展共に、前へ」が、東京会場(渋谷区文化総合センター大和田)でスタート。25日から競技が始まる全日本選手権(長野)のエントリーリストにも名を連ねている。

 8月の日本テレビ「news every.」リモート収録出演では、クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の習得にも意欲を見せていた。「自分が一番、今スケートをやっていて大事にしなきゃいけないものは、やっぱりアクセルだなって思っています」。26歳になっても、理想を追う姿は不変に違いない。揺るぎない信念の先に、世界を明るく照らす演技は待つ。(大和 弘明、杉本 亮輔)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月6日のニュース