初土俵から10年 29歳の天空海が新入幕「目標にしていた地位なのでうれしい」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

大相撲11月場所 新番付発表

番付表を手にする天空海(日本相撲協会提供) 
Photo By 共同

 29歳の天空海は10年九州場所の初土俵から丸10年での新入幕に「目標にしていた地位なのでうれしい」と目尻を下げた。18年初場所で十両に昇進したが、その後は腰痛に見舞われ「諦めてやめようかなと思った時期もあった」という。

 新薬の注射の効果が出て復活すると、同部屋の明生、豊昇龍の活躍にも刺激され、2場所連続10勝で幕内にたどり着いた。番付で2人に肩を並べ「誰が三役に入れるか競い合いたい」と気合を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月27日のニュース