池江、念願インカレも4位じゃ満足できない!「悔しい気持ちがパリ五輪の活力になる」

[ 2020年10月2日 05:30 ]

競泳日本学生選手権第1日 ( 2020年10月1日    東京辰巳国際水泳場 )

練習を終えて、笑顔を見せる池江璃花子(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 白血病から復帰した競泳の池江璃花子(20=ルネサンス、日大)が女子50メートル自由形に出場し、25秒62で4位となった。1年7カ月ぶりのレースとなった8月29日の東京都特別水泳大会から復帰2戦目で0秒70もタイムを更新。12月に開催予定の日本選手権で暫定的に設定されている参加標準記録も突破した。2日は女子400メートルリレーに出場する可能性もある。

 レースを終えると、池江はうつむき加減で足早にサブプールに向かいクールダウンに入った。予想を上回るタイムと、表彰台を逃した悔しさ。複雑な思いが交錯したが、大きなウエートを占めたのは後者。「思ったより速いタイムだったので驚いている。4番は正直悔しいが、今の段階では上出来。この悔しい気持ちがパリ五輪で結果を出す活力になる」と振り返った。

 予選を東京都特別大会のタイムより0秒45速い25秒87で6位通過。決勝はスタートで出遅れたが徐々に前に出て、25秒62で表彰台に0秒04差と迫った。息継ぎの回数は1カ月前のレースと同じ1回だけ。前回はラスト15メートルで呼吸して苦しくて失速したため、今回は最後の10メートルで息を吸った。復帰戦の反省を生かし「完全に戦略通りに泳げた」と強調。学生新記録で優勝した今井からは「復活が早い。やっぱり天才だと思った」と絶賛された。

 念願のインカレ出場だった。昨年9月。一時退院して3日連続で観戦に訪れ、日大を応援。チームメートから励まされて涙し、1年後の復活を誓った。週2度の筋力トレの成果もあり、この1カ月で体は一回り大きくなった。東京都特別大会の前は「前とは違う細くなった体を見せる恥ずかしさがあった」と不安を抱えていたが「今回は楽しみの方が強く、自信を持って泳げた」と言う。大学対抗のインカレは総合得点で順位が決定するが、池江は4位で15点を獲得。2日には女子400メートルリレーに出場する可能性も浮上した。実現すればさらにチームに貢献できる。「メンバーに選ばれたら全力で泳ぎたい」と力を込めた。

 12月に開催予定の日本選手権の参加標準記録25秒94も突破。出場権獲得は確実な状況だが、今後のレースプランは未定。「次の大きな目標にとらわれず、一歩ずつやっていきたい。日々の練習を頑張るのが今やるべきこと」と前を向いた。16年リオ五輪の100メートルバタフライでは銅メダルに0秒23差の5位。悔しさをバネに飛躍を遂げた。この日は3位から、わずか0秒04遅れ。タッチの差に肩を落とす姿が、勝負の世界へカムバックした証だ。 

 ▽日本学生選手権水泳競技大会(インカレ) 1921年にスタートし、今年で96回目を迎える。主催は日本水泳連盟で、主管は同連盟学生委員会。男女別学校対抗で、総合得点男女各1位の大学が選手権を獲得する。昨年は男子が日大、女子は日体大が優勝した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月2日のニュース