大坂、殿堂入りへ資格クリア 国際テニス殿堂が発表

[ 2020年9月14日 05:30 ]

全米オープン第13日 女子シングルス決勝 ( 2020年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

2年ぶり2度目の優勝を決めた大坂(AP)
Photo By AP

 国際テニス殿堂(本部・米ニューポート)は公式ツイッターで、大坂が殿堂候補入りの資格を満たしたと発表した。

 選手部門は「4大大会3度優勝かつ世界ランキング1位13週間以上」が自動的に候補入りする条件の一つで、既に世界ランク1位を21週キープした大坂は今回の優勝でクリア。現役引退から5年経過後、正式に候補入り資格が発生し、投票で75%の賛成が得られれば殿堂入りとなる。日本人は誰も殿堂入りしていない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月14日のニュース