戸田中央総合病院が初勝利 坂本 4番“昇格”で決勝弾

[ 2020年9月14日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグ愛知大会   戸田中央総合病院4―1日立 ( 2020年9月13日    安城 )

<日立・戸田中央総合病院>3回に勝ち越し本塁打を放った戸田中央総合病院・坂本(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会、日本女子ソフトボール機構主催)は13日、愛知・安城、群馬・高崎、兵庫・豊岡で第6節の6試合を消化した。戸田中央総合病院は日立を下して今季初勝利を挙げた。

 戸田中央総合病院は前日12日の1番から4番に“昇格”した坂本が勝負を決めた。3回2死から左中間へソロアーチ。「自分のスイングをすることだけを考えて振ったら結果が出た」。今季初勝利へ導いた一発に納得顔を浮かべる。

 1部12チームでは、唯一の医療機関。田上美和監督は「これからも元気を与えるプレーを見せていきたい。1勝で満足はできません」と表情を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月14日のニュース