渋野 通算12オーバー、105位で予選落ち リンクスの壁…カットラインに3打及ばず「もっと努力を」

[ 2020年8月22日 04:32 ]

米女子ゴルフツアー AIG全英女子オープン第2日 ( 2020年8月21日    英国トルーン ロイヤルトルーンGC=6649ヤード、パー71 )

第2日、険しい表情で18番へ向かう渋野。右はキャディーを務める青木コーチ(R&A提供)
Photo By ゲッティ=共同

 5オーバーの71位から出た前回覇者の渋野日向子(21=サントリー)は1バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの78と巻き返せず、通算12オーバーの105位で予選落ちを喫した。昨年メジャー初優勝した林間コースのウォバーンGCと異なり、海沿いのリンクスのロイヤルトルーンGCで苦戦。カットラインに3打及ばなかった。70だった野村敏京(27=フリー)が通算2オーバーで日本勢最上位の9位。畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は通算9オーバーの64位で決勝に進出した。

 トレードマークの笑顔はない。1年前に「スマイリングシンデレラ」として全英を制し、人生で初めてディフェンディングチャンピオンとして臨んだ大会。予選2日間を終えた渋野は険しい表情で、必死に言葉を絞り出した。

 「う~ん…。言葉にできないくらい悔しいです。見ている人たちに、申し訳ないゴルフをしてしまった。この2週間は地獄でした」

 リンクスの壁に跳ね返された。原因に挙げたのがアイアンショットの不調。7番パー4ではフェアウエーからの7Iでの第2打を「手だけで打ってしまった」と、グリーン左の深いラフへ。左足下がりのライで、ウエッジが「下をくぐってしまい、ほぼ空振り」という痛恨のミスで4オン2パットのダブルボギーを叩いた。前日にバーディーを奪った8番パー3では、PWでのティーショットを振り抜けず。左からの強い風に流され、バンカーに入れてボギーとした。後半も4ボギー。「頭の中がパニックでした」と振り返った。

 昨年大会で予選2日間で奪ったバーディーは11個。2日目を終えてアンダーパーが首位の1人だけという難セッティングではあるが、今大会は4個にとどまった。「アイアンで怖がって思い切り振れないというか、ここ何カ月間か悩んでいます」。全英に向けての必死の調整も、不安の中で臨んだ初めての本場のリンクス。前週のスコットランド・オープンでは経験したことのない硬い地面、そして今週も「台風」と例えるほどの強風が吹いた。リンクスならではの難しさが、ショットにさらなる影響を及ぼしたことは否めない。

 今大会終了後は直接渡米し、約1カ月半にわたって米ツアーに参戦する。「このスコアは自分の責任。(全英覇者として)これからも名前が残るので、くよくよしていられない。もっともっと努力をしていかないと」。メジャー覇者ではあるが、まだプロ本格参戦2年目の21歳でもある。苦しみ抜いた2週間の経験を、今後の成果につなげていく。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月22日のニュース