マーベリクスがクリッパーズを撃破 ドンチッチ28得点 王者ラプターズは連勝

[ 2020年8月20日 13:05 ]

28得点を挙げたマーベリクスのドンチッチ(AP)
Photo By AP

 NBAは19日、一括開催となっているフロリダ州オーランドでプレーオフ1回戦の4試合を行い、西地区全体7位でポストシーズンに進出したマーベリクスが、今季4戦全敗だった2位クリッパーズに127―114(前半61―56)で勝って1勝1敗。ルカ・ドンチッチ(21)が28得点、8リバウンド、7アシスト、第1戦で2度のテクニカル・ファウルを宣告されて退場となったクリスタプス・ポルジンギス(25)は23得点を稼ぎ、一度もリードを許さない「WIRE・TO・WIRE」で強敵をなぎたおした。

 クリッパーズは最大18点差をつけられて黒星。カワイ・レナード(29)が35得点、ルー・ウィリアムス(33)が23得点を挙げたものの勝機を築くことはできなかった。

 昨季王者で東地区全体2位のラプターズは7位のネッツを104―99(前半50―53)で退けて2戦2勝。ニック・ナース監督(52)は勝負どころの第4Q終盤、平均身長193センチの超スモール・ラインアップで応戦し、185センチのフレッド・バンブリート(26)と191センチのノーマン・パウエル(27)がともに24得点を稼いで勝利に貢献した。

 主力2人を欠いている西地区全体6位のジャズは3位のナゲッツを124―105(前半61―48)で下して1勝1敗。第1戦でプレーオフ歴代3位の57得点をたたき出したガードのドノバン・ミッチェル(23)が6本の3点シュートなどで30得点を稼ぎ、第3Q終了時点で27点差をつけて快勝した。

 東地区全体3位のセルティクスは128―101(前半65―57)で6位の76ersに勝って2戦2勝。ジェイソン・テータム(22)が3点シュートを12本中8本成功させてチームをけん引した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月20日のニュース