競歩五輪代表の鈴木雄介が結婚 SNSで発表「競技生活を充実させるよう邁進したい」

[ 2020年8月20日 17:43 ]

世界選手権で男子50キロ競歩を制した鈴木雄介
Photo By 共同

 東京五輪男子50キロ競歩代表の鈴木雄介(32=富士通)が20日、自身のSNSで結婚したことを発表した。「本来であれば直接ご報告しなければならないところではありますが、なかなかお会いすることができない方も多いのでこちらでご報告させていただきます」とつづった。

 コロナ禍に加え、1年後に東京五輪を控えた中で結婚するべきか悩んだといい「来年は五輪、再来年は世界陸上と大きな国際大会が続くため、今年結婚し、お互いを支え合いながら今後の競技生活をより一層充実させるよう邁進したいと決意した」と明かした。

 20キロ競歩で1時間16分36秒の世界記録を持つ鈴木は19年4月に50キロに転向。“初戦”で3時間39分7秒の日本新記録(当時)を樹立して優勝を飾った。鈴木の上下動が少なく滑らかに足を運ぶフォームは世界一とも称され、19年ドーハ世界選手権で日本競歩史上初の金メダルで五輪代表に内定。来年の東京五輪でも金メダル最有力候補と見られている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月20日のニュース