松友美佐紀 今後は混合ダブルスに専念 24年パリ五輪見据える

[ 2020年8月20日 05:30 ]

オンライン会見で語る松友(※提供アフロスポーツ/日本ユニシス)
Photo By 提供写真

 バドミントン女子ダブルスで「タカマツ」ペアとして高橋礼華(30)と13年間、苦楽を共にした松友美佐紀(28)は「先輩、お疲れさまでした。こんな幸せなバドミントン人生はない。心から感謝の気持ちでいっぱい」と涙ぐんだ。

 今後は同じ日本ユニシスの後輩、金子祐樹(26)と組む混合ダブルスに専念する。24年パリ五輪出場を見据えながら「一年一年が勝負。今の目標は世界選手権で結果を残せるように頑張りたい」と決意を新たにしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月20日のニュース