九州から男子ゴルフを盛り上げよう!26日から福岡で「芥屋グループチャリティーゴルフトーナメント」開催

[ 2020年8月19日 07:18 ]

九州豪雨の被災者らを支援するチャリティーゴルフ大会に出場する時松隆光選手会長
Photo By スポニチ

 「九州から男子ゴルフを盛り上げよう!」を合言葉に8月26~28日、福岡で「芥屋グループチャリティーゴルフトーナメント」が開催される。大会は第1日が筑紫ヶ丘ゴルフクラブ(福岡県那珂川市)、第2日は福岡雷山ゴルフ倶楽部、最終日は芥屋ゴルフ倶楽部(ともに同糸島市)と各日会場を変えて3コース54ホール競技(予選カットなし)で行われる。賞金総額1000万円、優勝賞金200万円。

 新型コロナウイルス感染拡大で多くの試合が中止され、苦境に立つ国内男子ツアーを応援し、盛り上げようと福岡在住の時松隆光ジャパンゴルフツアー選手会長が音頭を取り、九州・山口在住プロが集結。コロナ禍と闘っている人たちと、令和2年7月豪雨で大きな被害を受けた九州各地への支援・チャリティーを目的に無観客で開催する。

 主な出場選手は時松のほか、14年賞金王の小田孔明、18年日本オープン覇者の稲森佑貴、昨年のKBCオーガスタでツアー初勝利を挙げた比嘉一貴、18年KBCオーガスタ優勝の出水田大二郎、18年ツアー2勝の秋吉翔太らツアーチャンピオンのほか、シード選手の香妻陣一朗、永野竜太郎、17年賞金王の宮里優作、若手成長株の和田章太郎、伊藤有志、九州オープン2勝の北村晃一ら。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月19日のニュース