自転車オムニアム代表・橋本英也 ロード大会途中棄権も収穫「強度のあるレースを走れた」

[ 2020年8月10日 05:30 ]

自転車トラック男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也
Photo By 共同

 自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也(日本競輪選手会、写真)が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。

 1日で4種目を走るオムニアムは持久力や瞬発力など総合力が求められる。2月の世界選手権は11位で「差は体力だけ」。国際大会の予定が立たず、国内ロードレースで長距離を走り、体力を磨く考えだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月10日のニュース