米フロリダ州で1万5299人が感染 1日としては全米最多 テキサス州も大ピンチ

[ 2020年7月13日 09:03 ]

 米フロリダ州で12日、新たに1万5299人が新型コロナウイルスに感染。8日にカリフォルニア州が記録していた1万1694人を一気に3605人も上回って全米50州の中の最多数となった。

 1日で5000人以上の感染はフロリダ州では19日連続で、1万人以上は3日連続。ここ1週間の感染者の推移は6336→7347→9989→8935→11433→10360→15299となった。

 地元メディアによれば、陽性率は19・6%でこの日だけで45人が死亡。入院患者は248人増えて現時点では1万8271人となり、医療体制への影響も深刻となっている。米政府の保健当局も「このまま何もしなければ、コントロールできなくなる」と今後の感染拡大を危惧。同州オーランドでは11日にディズニー・ワールドが4カ月ぶりに営業を再開し、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やNBAもシーズン再開の舞台として選手やスタッフが滞在しているが、すでに“防御不能”の状態に陥っている。

 一方、テキサス州でも12日、8196人の感染が判明し、80人が死亡。フロリダ州同様に入院患者が増え続けており、その数は1万410人となった。AP通信によれば同州の中で医療体制が最もひっ迫しているヒューストンでは、市の上層部が今週中にロックダウン(都市封鎖)に踏み切るように求めている。その場合、23日に開幕する大リーグではヒューストンに本拠を置くアストロズと対戦相手の球団の移動は不可能。スポーツ界にも再び暗い影が忍び寄っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月13日のニュース