大相撲7月場所は観客入れて開催、1日当たり2500人程度に制限

[ 2020年7月13日 16:42 ]

大相撲7月場所について協議する臨時理事会が開かれた両国国技館
Photo By 共同

 日本相撲協会は13日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を正式決定し、観客を入れて実施することが関係者の話で分かった。1日当たり2500人程度に制限する方向という。当初は無観客開催を目指すとしていた。

 新型コロナウイルス感染拡大や政府の緊急事態宣言を踏まえて5月の夏場所を中止しており、史上初の無観客だった3月の春場所以来4カ月ぶりに本場所が行われる。

 予定より2週間延期された7月場所は、ウイルスの感染拡大防止の観点から大人数の移動を避けるため、開催地を通常の名古屋から国技館に変更した。力士らの原則的な外出禁止や出稽古自粛などの対策を継続。専門家の助言を踏まえたガイドラインの作成など、7月場所に向けて準備を進めてきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月13日のニュース