米アイビーリーグが秋開幕のスポーツを中止 全米大学一部校では初の決断

[ 2020年7月9日 08:10 ]

ハーバード大のフットボールチーム(AP)
Photo By AP

 ハーバード、エール、プリンストンなど学業優秀の私立大学8校で形成されている米北東部のアイビーリーグは8日、今秋に始まるフットボール、バスケットボール、フィールドホッケー、バレーボール、クロスカントリーといったスポーツをすべて中止にすると発表。新型コロナウイルスの感染拡大による措置で、冬もしくは春に延期するのかどうかについては言及していない。

 アイビーリーグのフットボール(シーズン10試合)は全米大学一部(ディビジョン1―AA)に組み込まれているが、秋の開幕を中止にしたのは一部校の全カンファレンスの中で初めて。アイビーリーグは9月中旬に開幕するはずだったがすべて取りやめになった。

 アイビーリーグに所属していない大学とも3試合を行うため、他カンファレンスの日程にも影響。現在、感染拡大のホットスポットとなっているフロリダ、テキサス、アリゾナなどの各州にはフットボールの強豪校も多いため、有力カンファレンスがどのような判断をするのかが注目されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月9日のニュース