ジョコ主催大会対戦2選手がコロナ感染 大会は打ち切り

[ 2020年6月23日 05:30 ]

対戦後に記念撮影するディミトロフ(右)とチョリッチ(AP)
Photo By AP

 男子テニスで世界ランク19位のグリゴル・ディミトロフ(29=ブルガリア)は21日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したとインスタグラムで明かした。世界1位のジョコビッチ(セルビア)が主催する慈善ツアーのクロアチア大会参戦中で、感染を受けて大会は打ち切られた。

 20日の試合後に疲労を訴えたディミトロフは「ここ数日、僕と接触した人は検査してほしい。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。約1000人が検査を受け、22日には対戦相手で同33位のボルナ・チョリッチ(23=クロアチア)とジョコビッチのコーチ1人に陽性反応が出た。

 前週のセルビア大会では地元の規制解除を受けて数千人が社会的距離を取らずに観戦。感染拡大を懸念する声が上がっていた中、大会側は選手と10分以上接触した人物に2週間の自主隔離を勧める事態にまで発展した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月23日のニュース