選手、キャディーら総勢700人PCR検査へ 25日から女子ゴルフ開幕戦「アース・モンダミン・カップ」

[ 2020年6月23日 05:30 ]

クラブハウス玄関横に設置された検温場所(JLPGA提供)
Photo By 提供写真

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止が続いた国内女子ゴルフツアーが、25日からのアース・モンダミン・カップ(千葉・カメリアヒルズCC)で今季の開幕戦を迎える。大会は史上初めて4日間通じて観客を入れずに開催される。

 日本女子プロゴルフ協会はこの日、感染防止対策をオンラインで報道陣に公開。クラブハウスの入り口付近に検温用のテントや、至る所に消毒液が設置された。選手の家族、コーチら関係者の入場は制限され、昨年より約600人ほどの減少を見込む。公式練習が始まるきょう23日には選手、キャディーら約500人がPCR検査を受ける予定。先週約200人が受検しており総勢700人規模となる。大会関係者は「やるべきことをやった」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月23日のニュース