渋野日向子 公式練習スタート「今日は、へなちょこ」 PCR検査は「思っていたより簡単」

[ 2020年6月23日 12:23 ]

女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ 練習ラウンド   カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72 ( 2020年6月23日    千葉県 )

<アースモンダミンカップ練習日>リモートで報道陣に対応する渋野(GettyImages/JLPGA提供)
Photo By 提供写真

 出場選手による公式練習がスタートし、アウトの9ホールを回った渋野日向子(21=サントリー)がリモート会見し「久しぶりに(仲間と)再会できて、テンション上がって、楽しみな気持ちと緊張もありますね」と話した。

 会場入りした渋野は検温に加え、クラブハウス内で新型コロナウイルスの感染をチェックするPCR検査を受けた。「初めて受けましたが、思っていたより簡単なんだと。練習するまでは(例年と)だいぶ違うなと思った」と印象を口にした。

 午前8時42分からの練習ラウンドは木戸愛、笠りつ子、金沢志奈とラウンド。1番のティーグラウンドでは、検温済みを示す丸いシールを左袖に貼るところを、右ふくらはぎに貼って周囲の笑いを誘うなどリラックスムードでスタート。午前11時過ぎに9番を終え、「ありがとうございました」とあいさつしてラウンドを終えた。「昨日トレーニングして筋肉痛もあったので、ショットは仕方ない。今日は、へなちょこでした。グリーン回りなどをチェックし、オフに取り組んだアプローチを挑戦していました」と話した。

 この大会は2年前はホールインワンで600万円をゲット。昨年も4位に入って全英女子オープンの出場を決定づけた。「他よりは思い入れが深い大会。この2年よりもいい状態で臨めるので、もっと上位を目指せるように頑張りたい。予選通過を目指し、通過したら思い切って頑張りたい」と意気込んだ。

 また、予選ラウンドのペアリングが発表され、渋野は西村優菜、横峯さくらと同組となった。第1ラウンド(25日)は1番から午前7時40分にスタート。第2ラウンド(26日)は午後12時10分に10番からスタートする。畑岡奈紗は竹内美雪、井上りこと、鈴木愛は藤田さいき、川満陽香理と同組となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月23日のニュース