ホッケー男子日本代表が合宿再開、練習前に用具など消毒

[ 2020年6月23日 15:51 ]

ホッケー男子日本代表は23日に合宿を再開した(写真提供:日本ホッケー協会)
Photo By 提供写真

 ホッケー男子日本代表が23日、新型コロナウイルスの影響で中断していた合宿を岐阜朝日大で再開した。日本協会が策定した感染防止策により、参加選手とスタッフは練習前に検温、手指消毒、用具の消毒を行った。

 活動自粛中はオンラインで毎週、チームミーティングを実施。日本男子は来夏に延期となった五輪に、53年ぶりに出場する。DF山下学主将(小矢部REDOX)は「全員が集まって練習できることを、大変うれしく思っています。この合宿は個人のスキルアップを代表レベルのゲームや練習で再度、確認できる良い機会になると思っています」とし、FW田中健太(HGC)は「練習が再開でき大変、うれしく思っています。1年の延期はチームにとって準備期間が増えた分、さらなる戦力アップが図れるため良かったと前向きにとらえています」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月23日のニュース