大相撲の抗体検査、現時点で陽性者なし 先月18日から力士や親方ら約900人対象に検査中

[ 2020年6月6日 05:30 ]

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は5日、協会員に実施している新型コロナウイルスの感染歴などを調べる抗体検査について「今のところ、これといった報告はない」と途中経過の段階で抗体検出の報告はないことを明かした。

 相撲協会は先月18日から力士や親方ら900人余りを対象に抗体検査を開始し、今月中に終了予定。感染状況を確認して専門家の助言を踏まえた上で、無観客での実施を目指す7月場所(7月19日初日、両国国技館)への有効活用を考えている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月6日のニュース