田臥の母校「能代工」の校名消滅か 少子化で来春に能代西と統合予定 新校名案に「能代科学技術」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

能代工時代の田臥勇太

 田臥の母校で全国制覇58回を誇る伝統校、能代工(秋田県能代市)の名前が消えようとしている。少子化による生徒数減少などにより、来春に能代西と統合を予定。県は3月に新校名案を「能代科学技術」と発表し、6月の県議会で正式決定する見通しだ。

 日本一は07年の秋田国体が最後。しかし、校名変更には「バスケの街」を前面に打ち出してきた市や、全国のファンの間には戸惑いが広がっており、校名存続を願う有志による署名活動も行われている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月6日のニュース