ラグビールール変更 ポストカバーにトライ認めない

[ 2020年5月14日 05:30 ]

花園ラグビー場
Photo By スポニチ

 国際統括団体ワールドラグビーは12日、トライに関するルール改正を発表した。ボールをグラウンディングする際に、従来はゴールポスト下部のカバーに触れていてもトライとなったが、今後は認められなくなる。選手を保護するカバーが厚くなることで守備側が不利になり、試合中にカバーを持ち上げてポストがむき出しになる危険な場面があったという。ボーモント会長は「我々の使命は可能な限り、試合をシンプルで安全、楽しめるものにすること」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月14日のニュース