新たに1人が陽性 全柔連の新型コロナ感染計17人に

[ 2020年4月15日 18:13 ]

全柔連本部が入っている講道館本館(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 全日本柔道連盟(全柔連)は15日、東京都文京区の講道館にある事務局に勤める女性職員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。全柔連の役員、職員の感染者は、計17人になった。

 感染が分かった同職員は、今月3日に発熱があり、13日にPCR検査を受け、この日感染が確認された。全柔連では14日にも職員2人がPCR検査を受けており、感染者がさらに増える可能性がある。

 全柔連は当初、1年延期となった東京五輪の代表選手の処遇や、唯一代表が決まっていない男子66キロ級の代表選考を審議する常務理事会を、15日に開催する予定だった。しかし実務トップの中里壮也専務理事(62)が感染するなど、職員の半数以上がPCR検査を受ける事態となり、13日に5月7日以降への延期を決めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月15日のニュース