コロナ感染力士所属の相撲部屋消毒終了 日本相撲協会 感染経路調査の意向なし

[ 2020年4月15日 05:30 ]

日本相撲協会・芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が14日、電話での代表取材に応じ、新型コロナウイルスに感染した幕下以下の力士が所属する部屋の消毒について「(陽性反応が出た)次の日(11日)に消毒すると言っていた。もう終わっているはず」と明かした。感染者のしこ名と部屋名は公表していない。

 同協会は力士の感染経路を調査する意向はなく、保健所も調べる段階までたどり着いていないという。この力士の師匠との連絡について「こちらからどうなっているか聞ける状況ではない」とした。当該力士は現在、都内の病院に入院している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月15日のニュース