相撲協会 各部屋へ改めて注意喚起 政府の「緊急事態宣言」受け

[ 2020年4月7日 05:30 ]

芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は6日、政府から7日に緊急事態宣言が発令されることを受け、改めて各部屋に注意喚起した。無観客開催となった春場所前から全協会員に不要不急の外出を自粛するよう通達してきた。

 この日、電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「協会は大阪の時から緊急事態宣言を出しているようなもの。再度、大阪と同じような生活をしてくださいと通達しました」と話した。夏場所(5月24日初日)開催までは期間があるため、緊急事態宣言が出されても緊急理事会は開かず、毎週金曜日に行う執行部会議で話し合うとした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月7日のニュース