五輪聖火 Jヴィレッジでの展示一般公開、8日以降中止 今後も未定

[ 2020年4月7日 16:22 ]

展示されたランタンに入った聖火に見入る人たち(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、福島・Jヴィレッジで1日から行っていた五輪聖火の展示一般公開を8日以降中止すると発表した。国内での新型コロナウイルスの感染状況を踏まえたもの。福島県内での展示は終了となり、今後の聖火展示に関しては未定という。

 東京五輪の延期を受けて3月26日にJヴィレッジをスタートする予定だった五輪の国内聖火リレーは中止。日本にとどまることになった聖火はJヴィレッジ内の施設に展示され、今月30日まで一般公開されたあと、5月以降は東京で保管されることになっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月7日のニュース