男子ゴルフ伝統の全英オープン中止 第2次世界大戦以来75年ぶり

[ 2020年4月7日 05:30 ]

昨年7月の全英オープンに出場した松山英樹
Photo By スポニチ

 男子ゴルフのメジャー、全英オープンを主催するR&Aは6日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、英国のロイヤル・セントジョージズGCで7月16日から開催予定だった149回大会の中止を発表。1860年に第1回大会が行われた伝統ある大会で中止となるのは第2次世界大戦期間中の1940~1945年以来75年ぶり。来年7月の大会を同GCで開催する。

 今月9日開幕予定で、延期が決まっていたマスターズ(米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)は11月12~15日に開催されると発表された。また、全米プロ選手権が8月6~9日に開催されることになったと5日、米メディアが伝えた。会場はサンフランシスコのコースで変更はないという。6月に予定されている第3戦の全米オープンも延期される見込み。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月7日のニュース